最新!太陽光発電メーカー情報館

設置場所の気象条件で太陽光発電のメーカーを選択

トップ > 太陽光発電のメーカーのお得情報 > 設置場所の気象条件で太陽光発電のメーカーを選択

設置場所の気象条件で太陽光発電のメーカーを選択

日本はロシアやアメリカなどに比べると国土は狭いです。
大きな国だと一つの国で時差を持つところもあり、それだけ地域の環境も大きく変わると言えるでしょう。
日本だと沖縄と北海道だとかなり気象条件が変わりますが、それでも時差は設定されていません。
では日本国内で太陽光発電装置を設置するとした時、同じメーカーのパネルならどこで発電しても同じ発電量になるかです。
まず日照時間が異なり、その分発電量に差が出てくるでしょう。
その他に問題になるのが気温になります。
太陽熱であれば暑い方がより熱からエネルギーをもらえそうですが、太陽光では熱が強いと発電が良くできるわけではありません。
逆に暑すぎるとソーラーパネルに悪い影響を及ぼすために発電効率が悪くなる可能性があることを知っておく必要があります。


日本においては設置する場所が太平洋側にあるか、日本海側にあるかで大きく分かれそうです。
太平洋側は1年を通して晴れの日が多く、安定的に発電できる可能性があります。
日本海側は秋から冬にかけて雪雲に覆われやすくなり、太陽が出ない日が多くなります。
太平洋側であればいろいろなメーカーからソーラーパネルを選んでもいいでしょうが、日本海側であれば少ない太陽光でもしっかり発電ができるタイプを選ぶと良いでしょう。
もちろん太平洋側でも立地によって日照時間が少なくなるところもあります。
設置する場所の東から南に建物があるとき、太陽の位置が低い時に遮られる可能性があります。
遮るものがないところに比べると発電効率が弱くなるので、少ない太陽光で発電をしっかりしてくれるソーラーパネルのメーカーが良いでしょう。


日本の夏は全国的には30度を超えるぐらいと言えそうです。
しかし都市部などではヒートアイランド現象により35度を超えたり40度近い温度になるときもあります。
周りを山に囲まれた盆地の地形のところでも他の地域よりも暑くなるときがあり、それらの地域でソーラーパネルを設置するなら適切なメーカーを選ぶようにします。
35度や40度になることがある地域なら熱に強い素材を使っているメーカーを選択するようにしましょう。
雪国では屋根に雪が積もる為屋根に設置したソーラーパネルにも雪が積もる可能性があります。
雨や雪などが直接影響することは少ないですが、積もったときに重さで異常が出るときがあります。
雪の重さに耐えられるタイプのメーカーであったり、雪が積もったときの対策をしてくれるメーカーを選ぶようにしましょう。

次の記事へ