最新!太陽光発電メーカー情報館

トップ > 太陽光発電のメーカーのお得情報 > 家庭で太陽光発電をするときのメーカー選び

家庭で太陽光発電をするときのメーカー選び

新築で住宅を建設するとき、太陽光発電装置を取り付けるのを前提にするなら設計時にいろいろ考慮しておいた方がいいでしょう。
もちろん色々な屋根に対応させることができますが、屋根ならどの屋根にでも設置できるわけではありません。
注文住宅であれば事前に屋根の位置であったり重さに耐えるために柱を丈夫にするなどが可能なので、いろいろなタイプのソーラーパネルを選ぶことができるでしょう。
一方で既に建物が建っている状態からソーラーパネルを新たに設置するときがあります。
このときはソーラーパネルの選択肢はそれなりに限られる可能性があります。
屋根の向きがどうなっているか、屋根を支える柱などがどうなっているか、屋根の素材や強度がどうなっているかを確認して適切なメーカーの装置を選ぶようにします。


ソーラーパネルが屋根に設置されている様子を見かけるかもしれません。
屋根の上にちょこんと設置されているので軽いイメージを持つかもしれませんが、タイプによってはかなり重量があります。
発電効率がいいものを選ぼうとしても屋根の耐重量に耐えられないソーラーパネルだと取り付けができません。
また屋根につけられる面積も限られてきます。
現在の屋根にどれくらいの重さのソーラーパネルを取付けられるかを計算してもらうようにしましょう。
必要なら事前に一定の重さに耐えられるよう工事をしてもらうこともできるかもしれません。
屋根に設置できる重量が分かったら屋根の向きがどうなっているかを確認しましょう。
南向きや東向きに設置できれば強い太陽光を受けることができます。
太陽の方向に建物等が無いかなども確認をします。


建物の構造上の情報が得られたらそれに合うソーラーパネルを選択します。
あまり重たいソーラーパネルを載せられないなら軽いソーラーパネルを用意しているメーカーしか選べません。
軽いタイプの発電効率は必ずしも良くないこともあるので、価格などを考えながら選ぶと良いでしょう。
屋根のタイプとして一方向に広くとれるときと書く方向に少しずつしかスペースがない時があります。
広いスペースがあるなら大きいソーラーパネルの設置が可能で、重さに耐えられるなら屋根一杯に設置することで発電量を増やせます。
設置できるスペースが小さい時はそのスペースに収まるタイプがあるメーカーからしか選べません。
小さいソーラーパネルを組み合わせて設置できるメーカーなら小さいスペースに効率的に設置することができるでしょう。

次の記事へ