最新!太陽光発電メーカー情報館

トップ > 太陽光発電のメーカーのお得情報 > 太陽光発電メーカーの保証を確認しましょう

太陽光発電メーカーの保証を確認しましょう

太陽光発電を導入する場合、メーカー保証の期間や適用頻度が高いパーツなどを確認しておくと安心です。
太陽光発電の設置業者はメーカーから研修を受講していて、メーカー認定免許を取得していることが多いです。
自分で太陽光パネルを購入し電気工事士などに依頼することができますが、自分で施工すると太陽光発電を利用する際にメーカー保証が無効になるケースがあります。
メーカー認定を受けていないと部分的な保証については有効ですが、システム全般において保証されないことがあるので注意が必要です。
実際自作する人が多くいますが、システムに何かしらトラブルが起こった場合責任や保証問題などに大変な思いをするかもしれません。
太陽光発電は基本的に20~30年ぐらい使用する設備で、いろいろなトラブルを避けるためメーカー認定を受けている業者に依頼することをおすすめします。


太陽光発電は長期に渡って運用するのでメーカー保証は大事なポイントになります。
一般的に10年保証を行っているので、10年以内だと故障した場合部品交換といったトラブルについて無償で修理を利用することが可能です。
但し、太陽電池の寿命が15年あったとしてもパワーコンディショナーの寿命が10年程度のケースがあるので注意が必要です。
パネルから流れる直流電力を変換するのに、パワーコンディショナーが故障しているとうまく発電した電力を利用することはできません。
太陽光発電において壊れやすいのがこのパワーコンディショナーで、保証期間は通常1~3年になっています。
パワーコンディショナーが故障すると表示部においてメッセージが表示されるので、すぐに業者に連絡することをおすすめします。
メーカー保証は機器によって変更されるので、保証の短いアイテムには注意が必要です。


モジュール(ソーラーパネル)の表面は強化ガラスになっていて裏は樹脂シートなどで保護されており、耐用年数は15年あると言われています。
故障がまったくないわけではなく、よくあるのがモジュールにおいてハンダの接続不良が起こり、熱が発生しシートを焦がすケースが多いです。
ときどき表面が割れる場合もあり、故障を早期発見するため発電量をチェックしなければいけません。
モニターに表示される発電量に変化がないか確認しておくと、トラブルの早期発見に繋げることができるでしょう。
屋根で厳しい温度変化にさらされているので、モジュールは機器保証と併せて自然災害にも対応できる自然災害補償を利用することが可能です。
保証内容には火災や落雷、台風や破裂などがあり、期間は10年間ぐらいです。
近年気温変化が激しいのでモジュールにかかるダメージが大きく、定期点検や発電量チェックを行うことで異変がないか管理しなければいけません。

次の記事へ