最新!太陽光発電メーカー情報館

トップ > 太陽光発電のメーカーのお得情報 > ビジネスとして野立てで太陽光発電をするときのメーカー選び

ビジネスとして野立てで太陽光発電をするときのメーカー選び

都市部などだと空いている土地があるとすぐにオフィスビルや賃貸マンション、その他駐車場などとして利用されるでしょう。
しかし少し郊外に行ったり地方に行くとそれらを設置してもなかなか利用者がいません。
せっかくコストをかけて作ってもそれを回収できなければ投資の意味がないでしょう。
これまで農業などをしていてそれなりに広い土地を持っているが、農業を休んだりやめたりするときにどんな活用法があるかです。
そこで行いたいこととしてビジネスとしての太陽光発電事業があります。
田んぼや畑などにソーラーパネルを並べて発電を行い、それを電力会社などに買い取ってもらうことができます。
家庭であれば自宅の屋根に設置する程度なのでそれほどソーラーパネルも必要ありませんが、野立てとなるとかなりの数が必要になるでしょう。


各家庭やビジネスとして使われているソーラーパネルは一見どこも同じ様に見えます。
しかしメーカーがたくさんあり、メーカーごとに仕様なども異なります。
パネルの仕組み自体が異なることもあるので、利用目的に合ったソーラーパネルを選ぶ必要があります。
野立てで大量に設置する時にはいかに効率的に発電ができるかを考えると良いでしょう。
面積当たりの発電量がそれぞれのソーラーパネルに示されていて、発電効率が高いタイプだと小さい面でより多くの発電ができます。
効率が悪いソーラーパネルを使うのに比べると効率の良いタイプを使った方が発電郎が多くなるのでその分売電量も多くなり売上や利益も増える可能性があります。
ただし発電効率が高くなるとその分面積当たりのコストが高くなるので、予算に合っているかどうかを考えなければいけません。


周りに特に遮るものがない農地などで野立てとして設置するとき、その地の日照時間が長ければその分発電が行えます。
地域ごとに年間の日照時間などが異なるので、その地の日照時間がどれくらいになるかを調べてみましょう。
全国平均に比べて多くなるなら発電量も多くなり、売上も多くなるでしょう。
その売上に対してソーラーパネルのコストの割合がどれくらいになるかを考えます。
日照時間があまり長くないなら売上もあまり多くならないので高コストのソーラーパネルを使うのは良くありません。
多少発電効率が良くなくても低コストで導入できるメーカーのソーラーパネルを選んだ方がいいかも知れません。
その地域の日照時間豊総発電量、その他ヨ総売り上げなどを比較してビジネスとして成り立つメーカーを選ぶようにしましょう。

次の記事へ